良い聞こえを手に入れよう|突発性難聴の症状が現れたらすぐに診察|聴覚の大切さを再確認せよ

突発性難聴の症状が現れたらすぐに診察|聴覚の大切さを再確認せよ

女医

良い聞こえを手に入れよう

夫婦

耳に負担がありませんか

高齢になると自覚症状はないのに家族から聞き返すことが多くなったといわれたり、テレビの音量が大きすぎると指摘させることがあります。聴力の衰えは耳鼻咽喉科で治療を行っても改善することは難しく、補聴器のサポートが必要になります。聞こえにくさは人によりさまざまで、重度になると外出時に周囲の音に察知できず、思わぬ怪我や事故に遭遇する可能性があります。また、一生懸命に物音を聞き取ろうと集中するため疲労感も激しく、更なる負担が掛かってしまいます。補聴器を装用することによって体に負担を掛けずに自然体で物音が聞き取れるため心に余裕ができたり、精神的な安心感を得る事も出来ます。まずは耳鼻咽喉科で聴力測定を行い、自分の聞こえがどの程度か調べてみましょう。

よく相談して選定しよう

自分の聴力レベルがわかると、補聴器の選定がしやすくなります。聴力にかみ合わない補聴器を選ぶと雑音ばかりが気になったり、音が割れるなどの不快感が出てしまいます。補聴器にはより良く聞こえさせるための機能がいくつか付いています。換気扇や冷蔵庫のモーター音など、継続的になっている雑音は雑音制御機能によって聞こえを抑える事ができ、その分周囲の会話音を際立たせてくれます。また、突然食器を落として割れる衝撃音に驚いたり、大きるすぎる音に耳を傷めないよう、最大音量を制限する事も出来ます。自分の生活スタイルに合った補聴器を選定することが大切で、そのためにも補聴器専門店では相談員とよく話し合い、自分の聞こえの満足度が向上するようにしましょう。