突発性難聴の症状が現れたらすぐに診察|聴覚の大切さを再確認せよ

医者と看護師

症状が出たら耳鼻科へ

赤ちゃん

突発性難聴とは、言葉通り何の前触れもなく突然耳が聞こえにくくなったり、全く聞こえなくなる病気です。何か作業をしていてある瞬間から突然聞こえなくなったり、前日までは普通に聞こえていたのに朝起きたら聞こえなくなっていたなど、はっきりとどの瞬間から聞こえなくなったと分かるものです。耳鳴りや雑音が聞こえたり、めまいを伴うこともあります。1度かかると再発はないとされています。再発した場合は違う病気を疑います。以前は40〜50代以上の女性に多く見られていましたが、現在では若い人や男性にも見られるため誰でもかかる可能性がある病気と言ってよいでしょう。原因はストレスや睡眠不足、風邪などがきっかけと言われていますがはっきりとは分かっておらず、難病指定されている病気です。

突発性難聴の治療法は、ストレスを避ける生活をすること、そして薬物療法が主流になっています。突発性難聴になったらできるだけ早い段階で耳鼻科に行くことが大切です。一般的には発症してから48時間以内に適切な治療を始めることができれば治癒する可能性が高まると言われています。少なくとも1週間以内には病院に行くようにしましょう。1ヶ月を過ぎてしまうと聴力は固定されると言われており、症状も固定されてしまいます。不快な耳鳴りや耳が聞こえない、聞こえにくいという状態を常に抱えることになります。耳が聞こえにくい、聞こえないということはとても精神的に負担がかかります。周りの人にも分かりづらいためストレスを感じてしまいます。突発性難聴になったらすぐに病院に行き、聴覚の大切さを再確認しましょう。

鼻疾患を解消して快適に

ウーマン

鼻疾患は鼻だけの問題ではなく、生活の質を著しく低下させてしまうので、1日も早く改善していく必要があります。鼻づまりを改善すると目もクリアになりますし、集中力が向上して勉強・仕事の効率もアップします。耳鼻科治療を受ければ即日で鼻どおりを改善できるので、早めに治療して完治させてください。

詳細へ

アレルギーの秘密とは

女性

アレルギー性鼻炎には主にくしゃみや鼻水といった特徴があり症状にも人によって特徴があります。また気を付けなければならない点があります。それは、公共機関や電車、病院などでのエチケットを守るという点です。

詳細へ

良い聞こえを手に入れよう

夫婦

年々聞こえにくくなった難聴は補聴器によってサポートすることができます。無理に聞こえにくさを我慢していると周囲の音に気が付かなかったり、疲労感が増えることがあります。補聴器のさまざまな機能を使ってより、自分らしい聞こえを手に入れる事ができるようになります。

詳細へ